竹取物語

思いを断ち切る

かぐや姫は、 月に戻る時に記憶をなくし、 帝は、 かぐや姫の形見を燃やした。 断ち切って、進む。 断ち切るから、進める。 私は、進みたい。