読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『土佐日記』に限らず、古典を読んでいると、鳥や植物、自然や生き死にがもっと近くにあるような気がする。 大人になっても自然をよく知らない自分を恥ずかしく思ったり、残念に思う。 鳥の声を、アプリ「鳥ナビ 初夏」で聴いてみる。普段使わない頭の部分が…

桜にそっと触れる。 とてもふわふわしてる。 力もある。 手を伸ばしてもう一度触れる。 ありがたい。 梅が咲き、桃が咲き、ねこやなぎが穂を出し、モクレンが咲き、菜の花や水仙も桜のそばで咲いている。 茶色や緑の枝や根から芽が出て、赤や桃、白、黄色の…

優劣

多くの職場で、できる/できないの優劣が話題になる。 今読んでいるのは、プルーストの『失われた時を求めて』6(鈴木道彦訳)p364あたり。ゲルマント夫人(オリヤーヌ)のサロン描写にも、似たようなものがある。ついで、昔読んだ井伏鱒二の『山椒魚』も思い…