読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネスレとコカ・コーラ

世界の巨大食品企業の一つであるスイスのネスレと清涼飲料をグローバルに牽引するアメリカのコカ・コーラは紅茶の合弁事業を終わらせる。

両社は、両社の合弁事業ビバレッジ・パートナーズ・ワールドワイド社(BPW)の業務を2018年に終了する決定を受け入れた。

2001年に設立されたBPWは、とりわけネスレの市場であるヨーロッパやカナダにおいてボトルの紅茶商品に特化している。「紅茶市場は変化しており、ネスレネスレが独自に発展する時が始まっていると思う」とスイスの同企業の広報は述べた。

ネスレは、コカ・コーラに、カナダ、スペイン、ポルトガルアンドラ(スペインとフランスに挟まれたピレネー山中の公国)、ルーマニアハンガリーブルガリアでの販売と製造の許可を与えるつもりだ。アメリカ合衆国を含む多くの国でネスティーのブランドを扱うネスレグループの一つ、ネスレ・ウォーターが、ライセンス契約に関わらない、残るヨーロッパの全ての国で紅茶の販売を行う予定だ。

BPWは、ネスレコカ・コーラが、2001年に対等な形で始めたものだ。ネスレブランドの商品は、主に、1991年に巨大二大食品会社であるユニリーバペプシコによって設立されたペプシ・リプトン・ティー合弁企業が販売するリプトンのアイスティーやブリスクと競っていた。

www.interfax.ru

ネスレwebsite http://www.nestle.com/media/news/nestle-coca-cola-company-end-beverage-partners-worldwide-joint-venture

コカ・コーラwebsite Company to Expand Reach of Tea Brands as BPW Joint Venture Ends: The Coca-Cola Company

ネスティー Welcome to Nestea | Nestea

 

記事の日付は、ネスレ3/3、コカ・コーラ3/2、インテルファクス通信3/6。