読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中国の書

中国 アジア 美術館 サンフランシスコ 米芾 音楽 日本語訳

こちらは、サンフランシスコにあるアジア美術館の紹介ビデオ。

Appreciating Chinese Calligraphy | Asian Art Museum | Education

出だしの言葉は、Mi Fu、つまり北宋末を生きた米芾(1051-1107)のもの。

「私には健康や高貴な位への欲はない。私のただ唯一の愛は、いにしえの人々の筆からなる文字たちのためにある」

 

バイオリンの練習を始めた頃、篆書の練習も始めて経験した。

バッハ(1685-1750)のようだと感じた。

でも篆書はバッハよりずっと前。

篆書の一画一画が、音符のようで、音楽を奏でているような気がする。

 

中国の書には日本の書にないものを感じる。

日本人には中国の人が書くような字は書けないのではないか、とすら思える。

それぞれの文化にそれぞれの魅力があり比べられないが、

中国の書から感じる精神性の違いに畏敬の念さえ覚える。