読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サンクトペテルブルクでの乗り継ぎ

プルコヴォ空港着後、荷物を受け取って、空港出口に向かう。

「タクシーはどう?」と何度も言われるが、

モスクワでの恐怖を思い出しながら、ただ通り過ぎる。

空港出口を出るとすぐに、

左手に地下鉄2号線モスコーフスカヤ(モスクワ)駅行きのバス停がある。

バス停の標識の前で並んでいる人の列の手前に、

モスコーフスカヤ駅行きと書いた黄色の小さなバンのような車が発車しようとしていた。

空港のウェブサイトで、モスコーフスカヤ駅までは40ルーブルだと調べた。

そしてその黄色い小さな車にも40ルーブルと書いてあった。

中にすでに乗っていた人が、ドアを開けてくれた。

乗った。

10分ぐらいだったろうか。地下鉄の駅に着いた。

100ルーブル札を出したら、20ルーブルのお釣り。

理由を聞いたら、「人も荷物も1個につき、40ルーブル。ここに書いてあるよ」とのこと。

 

命があるのが大事。

次回からはもっと注意しよう。

地下鉄の入り口、地下鉄入場券ジェトン購入場所へ進んだ。

11年ぶりのロシア、初めてのサンクト・ペテルブルグ。

地下道のお店の前を通ると、「ロシアの匂い」がする。この匂いは何?

 

ジェトンは1回の乗車で45ルーブル

105ルーブル出したら、お釣り55ルーブルとジェトン1個をくれた。

ルーブル足りない気がする。

端数を出す払い方は良くないのか。

もう、いろいろ考えたり、交渉する余裕がないので、

何も言わず前に進んで、ちょうど来た列車に乗った。

 

ネフスキー・プロスペクト(ネフスキー大通り)駅で降りて、エスカレーターに乗って地上へ。エスカレーターは思ったより高速ではなかったが、思った以上に急で長くて、足が震えた。降りられないのでじっと固まって振り向かず地上へ。

 

地上に出ると、暗くて方角がわからない。

今度は救急車の人に道を聞いた。

 

ホテルの入り口は門が閉じていて、宿泊客の人が入る時に入れてくれた。

ホテルの受付の人は不在。しばらく待つと登場。

ホテルは予約時に全額支払い済みのはずだが、

「まだ200ルーブル(400円程度)要る」と言う。「サービス料だ」とのこと。 

 

とにかく無事に部屋まで辿り着けたことに感謝。

社会や技術、会う会わないに関わらず皆さんの力なくして今日の私の無事はないので感謝。

 

また、明日も無事で過ごしたい。

無理せず、できる範囲で、心配しすぎないで過ごしたい。