読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナボコフの家

正式名称は、サンクトペテルブルク国立大学(哲学・芸術学部)付属ウラジーミル・ウラジーミロビッチ・ナボコフ博物館、のようだ。

Музей В. В. Набокова в Петербурге

ナボコフはこの家で生まれた。

旧ロシア暦のユリウス暦 1899年4月10日(グレゴリオ暦1899年4月22/23日)のこと。

そのときから、内装はほとんど変わらず、家の番号47も変わっていない、と説明にはある。

 

訪れてみた。

建物最初の右の扉が開いていて、次の重い扉を開けると7段?程度の階段。

登って、また重い扉。そこが1階とのこと。

受付の人が「無料です」と教えてくれた。

展示場に入る前に、また扉。

入ると右手にまた受付の人。再び「こんにちは」の挨拶。

作品や蝶の標本、蝶捕りの網(たも)、チェス、蝶のスケッチ、室内の図、家族の写真などが、ロシア語と英語の説明とともに展示してある。

入ってすぐ右手に扉。ダイニング。改装予定で何もなかった。

右手次の奥にも扉。中は、改装中で作業中。

室内の絵柄を直しているとのこと。

一番奥にも扉。現在は、講義もでする様子で、

椅子が並んでいて、前にスクリーン。

両側に本棚も少しあって、ナボコフの作品が展示してある。

来訪者が感想などを書き残すためのノートとペンも置いてあった。

左手奥にも部屋。扉なし。

ナボコフが移り住んだ家やホテルの写真展示と説明あり。

 

室内は落ち着いた濃い木目の残る壁で、広くはないが落ち着いていて上品。

妻ヴェラに贈ったナボコフの蝶のスケッチがとても愛らしくて、美しかった。

ナボコフの作品を原文で読んで、理解して、もう一度訪れたい。

講義や読者会などに参加できるといい。