読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モスクワ 4日目

チェックアウトを済ませ、ホテルに荷物を預け、アルバート通りやサドーヴァヤ環状道路、大ニキーツカヤ通りを歩いた。

日本でも見かけるフランスのチェーン・パン屋さんPAULを見つけたり、

スーツを着た警備のお兄さんが、ロッテホテルに入る車の下に鏡を入れて、車のセキュリティーチェックをしているのを見かけた。

 

大ニキーツカヤ通りにある、

いまは改修中で使われていないブラジル大使館の外観デザインが可愛い。

f:id:whatcomesnextwisdom:20170330013854j:image

A.V.ロパティナという人が住んだ家で、建築家はアレクサンドル・カミンスキーАлександр Степанович Каминский(1829-1897)という人らしい。

ロシア駐在ブラジル大使館のWebサイトにある建物についての説明と写真

http://moscou.itamaraty.gov.br/ru/rrrrrr_rrrrrrrrrr___.xml

 

ボリショイ劇場やマールイ劇場、ツム百貨店の辺りも歩いてみた。

f:id:whatcomesnextwisdom:20170330123435j:plain

8本の柱がきれいになっている。

広場の前の木の枝々に雀ではない小鳥がたくさん止まっていた。地面にいるより日当たりが良くて心地いいのだろうか。

 

ホテルに戻る途中で、ロシア連邦議会の下院である国家院(ドゥーマ)の前も、再度通り過ぎた。

f:id:whatcomesnextwisdom:20170330123248j:plain

 

ホテルからベラルーシ駅へ向かう途中、駅の地下でギターを弾いている男の人を見かけた。

前回の旅行で使い切れなかった1ルーブルより細かい小銭が残っていたので入れた。

チャリンチャリンと高くて軽い音がした。ありがとうと言われた。

とてもとても恥ずかしかった。1ルーブルは約2円だ。

自分に要らないものを人に捨てた感じがして非常に恥ずかしかった。

人にものをあげる時は、自分が大切だと思うものをあげたい。

思い出すと申し訳なさすぎて、泣けてくる。

自分の考えのなさや小ささ、卑しさを即刻、直ちに直したい。