読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楚辞

詩経』の次は、『楚辞』。

 

 『楚辞』として伝わる後漢・王逸の『楚辞章句』は、

前漢末の劉向が編集した『楚辞』16巻に、

王逸自身の作品「九思」を加えて17巻としたもの。

 

『楚辞』17巻の中で、

最も古い歌謡は「離騒」「九歌」「天問」。

その中でも、

短編の集まりである「九歌」が、最も古いらしい。

 

角川文庫のソフィア文庫、ビギナーズ・クラシックスの中では、

神々を祀る「九歌」11篇のうち、

神を迎える最初の「東皇太一」と、神を見送る最後「礼魂」が紹介されていた。

また、魂の遍歴を語る長編の物語「離騒」についても、

最初の名乗りから、

天界への飛翔とそこでの遊行、

時間の経過、

そして最後の、さらなる天界への飛翔の突然の終焉まで、

少しずつ解説を交えながら紹介があった。

 

本を読む以外、神々の世界に触れることはほとんどないが、

読むと何かが溢れ出てくるようで、心がざわざわする。

時間や存在や思いやいろいろなこと、目に見えない森羅万象含め、すべてが、改めて不思議だ。