恋文の技術

森見登美彦『恋文の技術』の最終章を読み始めた。

 

思い出すのは昔の文通。

返事を書くのに何時間もかかった。

そうして書いている最中に、また届いた。

ずっとは続かなかった。

それぞれにそれぞれの人生があった。