ベラルーシ

2020年8月のベラルーシでの選挙について、ロシア語ではどんな報道があるのかインターファクス通信の記事を見に行ってみた。以下に拙い日本語訳を試みてみる。日本語訳をするのは久しぶり。

https://www.interfax.ru/photo/5020/50109

14/08/2020の記事。

ベラルーシの工場での抗議」

ベラルーシでは、企業における集会の波が始まった。人々は、抗議者への暴力や違法な逮捕、選挙結果の改ざんに対して抗議している。抗議活動は、グロドノ・アゾト(Гродно Азот、化学工場)やナフタン(Нафтан、石油工場)、べラーズ(БелАЗ、輸送用機械)、ミンスク自動車工場やその他の企業を含む多くの公共株式の大企業で行われている。ベラルーシの大統領であるアレクサンドル・ルカシェンコは、国内の「労働者の集い」を一新するような試みが、企業活動に与える悪い可能性を警告しながら、非難した。

 

ミンスク自動車工場での写真:たくさんの人たち

ミンスクトラック工場での写真:紙を掲げる「羊じゃない!牛じゃない!国民でもない!私たちはミンスクトラック工場の労働者だ。私たちは20人じゃない。私たちは17000人だ!」

ミンスクトラック工場での写真:たくさんの人たちと赤いトラクター

グロドノ・アゾトでの写真 :集まった人たちの後ろ姿

ミンスクトラック工場での写真:拍手や手を挙げる人たち

ミンスクトラック工場での写真(最初の写真より広い範囲を写している)

グロドノ・アゾトでの写真 (集まった人たちを前から撮影)

ミンスクトラック工場での写真:左手を挙げ話をする人

英文法

江川泰一郎氏の『英文法解説 ー改訂三版ー』(金子書房、1991年第1刷発行、2013年第31刷発行)を読み始めた。

今は、第2章の代名詞。

第1章は名詞。

例文からいろいろな情景や状況が浮かんで面白い。

なかなか読み進められないが、読み切りたい。

辞書を読むのに似ているのだろうか。

 

読んだら処分しようと思って読み始めたが、処分するのはやめることにした。

なかなかいい文法書である。江川さんありがとう。

自粛

行けないとなると、一層何処かへ行きたくなる。

山川出版社の高校生用教科書「詳説 世界史B 改訂版」(2006年文科省検定済み、2009年3月5日発行)をやっと読み終えた。

たまの休みは、家でごろごろして何処へも出かけない。今は感染症への心配や暑さもあって、より一層家から出ない。反省....。

過ごし方を、もう少し充実して、生き生きワクワクしたものに変えたい。 

 

見えてないこと

山川出版社の高校生用教科書「詳説 世界史B 改訂版」(2006年文科省検定済み、2009年3月5日発行)を、読んでいる。 

全部で17章あるうちの第12章「欧米における近代国民国家の発展」にたどり着いた。

第11章の最後は、ナポレオンがセントヘレナ島に流されて終わる。

 

愛や平等や自由を掲げても、奴隷や先住民の権利は無視。

ギロチンも殺戮も人間の仕業。

個々人の考え方も、生活様式や社会情勢の産物。

今後はどうなるのだろう。

 

やっと雨が降ってきた。

最近よく平家物語枕草子の出だしを思い出す。

塵に同じ。

そして、私も誰かを踏み台にして、誰かの痛みの上にのうのうと生活している。

3食自炊

久しぶりに休日をゆっくり過ごしている。

窓を開け、カーテンを開け、風が通り抜けていくのを感じたり、

寝転がりながら空を眺めてみたりしている。

冷蔵庫や戸棚にある食材を使って、簡単なご飯を作り、外出せず、ごろごろしている。

ご飯を食べてはごろごろ。

こんな日があってもいい。

また明日から新しい一週間が始まる。