ヨーロッパ文学講義

ナボコフの『ヨーロッパ文学講義』の日本語訳(TBSブリタニカ)を読み始めた。

 

ナボコフが残したメモやノートをまとめた編者のフレッドソン・バワーズFredson Bowersの仕事にも感心させられた。

編者の前置きに続いてあるジョン・アップダイクJohn Updikeの序文も面白く読めた。

以前読んだはずなのに、以前すぎたのか、忘れていることが多かった。

妻に書いた手紙以外の手紙もたくさんあるようなので、まとまった書簡集のようなものがあれば、読んでみたい。

 

「良き読者とは想像力と記憶力と辞書と、それからなんらかの芸術的センスをもった人のことであ」(p5下段)り、「一流の作家はこれら三つのものー物語の語り手、教師、魔法使いーを合わせ持っている」(p8下段)と語るナボコフ の「良き読者と良き作家」論も面白かった。

 

現在の出版社は、河出書房新社のよう。

books.google.co.jp

books.google.co.jp

ロシア文学講義

ナボコフの『ロシア文学講義』の日本語訳(TBSブリタニカ)を、

やっと読み終えた。

のんびり読んでいた。

ナボコフの知識や理解、想像力には胸がいっぱいになるし、

翻訳した小笠原豊樹さんにも感心させられた。

小笠原さんは、詩人でもあるらしい。

 

books.google.co.jp

books.google.co.jp

 

次は、

ナボコフの 『ヨーロッパ文学講義』の日本語訳(TBSブリタニカ)を読もうと思う。

翻訳は野島秀勝さん。

チェルヌイシェフスキー

ナボコフの『賜物』第4章:チェルヌイシェフスキーの自伝を読み終えて、

第5章に入った。

 

ニコライ・チェルヌイシェフスキー - Wikipedia

 

2017年の3月にサンクトペテルブルクを訪れた時は、

ナボコフの生家やコンサートや観劇、ネフスキー大通りや運河沿いを歩くなどで精一杯で、すっかり、チェルヌイシェフスキーのことを忘れていた。

寒さの中、後戻りできず訪れたペトロパヴロフスク要塞の政治犯収容所に、チェルヌイシェフスキーがいたとのこと、改めて知った。

ナボコフの先祖がこの要塞の司令官をしていたことも、後述の『ロシア文学講義』p128下段で、改めて知った)

 

収容所の見学は、

2階建の個室を見学ルートにしたがって、順次見てまわるだけだったが、

怖くって、恐る恐るだった。

 

その前に足を踏み入れた、

ペトロパヴロフスク要塞にある大聖堂でも、度肝を抜かれた。

それとは知らず中へ入ると、

歴代の皇帝たちの棺が床に、ただそのまま、埋められることもなく、

たくさん並べてあったからだ。

 

ペトロパヴロフスク要塞には、

他にも博物館のようなものがあり、

当たり前だけれど、

歴史が今と関わりを持ってそこにある、という感じがした。

造幣局もあった。

 

ナボコフの『賜物』を読み終えたら、

ナボコフの『ロシア文学講義』の日本語訳(TBSブリタニカ)を読もうと思う。

安全

雨が降ると、

雨のあたらない場所で休んでいられるありがたさを思い知る。

毎日温かいお湯をはってお風呂に入れるありがたさを思い出す。

見上げると雨

見上げると雨。

雨が降り出した。

降ってくる雨は、少し上のある地点から見え始める。

その前は見えない。

 

最近、言い訳ばかりしていた。

それで、気も散って、

頭も疲れて、よくなかった。

仕方のないことは思いついても捨てて、

すべきことに集中したい。

できるだけ雑念のないようにしたい。

そうしたら、

世界はもっときれいな気がする。

 

 

ナボコフ

再びナボコフを読み始めた。

まずは日本語で『賜物』を読むことにする。英語からの翻訳らしい。

全て読めているわけではないが、この作品は気に入っている。

ロシア語版も英語版も手元にあるので、読んでみたい。

果物

バナナやキウィ、林檎や苺が家にある。

ジュースにしないで、そのまま食べるのが好きだ。

食べきれなかった柿やトマトは、冷凍庫にある。

カレーに使う。

甘いカレーや酸味のあるカレーになる。

 

丸ごとそのまま、

切らないで食べるのが、

一番美味しい。