日の出

あと少しで、日が昇る。

 

焦らない。

わからない答えは探さない。

じたばたしない。

 

結局、できることは深呼吸。

 

 

 

雨上がり

今日は満月。

温かいお風呂に入って眠る。

贅沢なことだと思う。

お湯は柔らかいし、

水は気持ちいい。

 

したい、しようとしていることはたくさんあるのに、

寝たい、眠りたいと思うことが多い。

どうやら私の体や心は、疲れやすいようだ。

 

その上、

寝たい、眠りたいと思うのなら、

早くふとんに潜り込めばいいのに、

ぐずぐずと、他ごとをして、

望みを先延ばししている。

おかしな選択が習慣になっている。

 

がっかりだ。よくない。

 

自分の気持ちに応える行動をしよう。

食事を見直そう。

さっさとふとんに入って、いい夢を見よう!

duolingo

無料の言語学習サイトduolingo

https://www.duolingo.com

の英語話者向けコースで、

フランス語とロシア語の基礎訓練をしている。

英語話者向けコースから選んでいるのは、選択できる言語が多いから。

 

今日、やっとフランス語の課題も一通り終えた。

あとは、弱くなっているところが毎日表示されるので、

続けながら理解を深めていく。

 

窓を開ける

窓を開けたままにしても、寒くない。

気持ちいい。

ロシア外交:シリアと国連

国連大使は、シリア情勢の責任はロシアとイランにあるとした。

アメリカの国連大使ニッキー・ヘイリーによると、テヘランとモスクワは、アサドの犯罪に適切な方法で応えていない。

 

アメリカ合衆国国際連合大使のニッキー・ヘイリーは、金曜日、国際連合安全保障委員会の会議で中で、イランとロシアはシリアの情勢に責任を負っている、と述べた。

彼女の言によれば、テヘランとモスクワは、バシャール・アサドの犯罪に適切な方法で応えていない。

「シリアにおける政治体制のみが、化学兵器攻撃について責任を負うのではない。イラン政府もまた、シリアの独裁者を長く保護したことによって、大きな責任がある。イランは、シリアでの流血において、著しい役割を演じ続けている。」と、ヘイリーは国連安保理委員会の会議で述べた。

彼女の言によれば、「ロシア政府もまた、著しい責任を負っている」。

「毎回、アサドがレッド・ラインを越える度に、ロシアが彼を保護する。そしてそれがアサドを強化し、そのアサドの強さが甚大な死に繋がっていく。」と、彼女はつけ加えた。

ヘイリーは述べた。「ワシントンは、シリアへのロケット攻撃を行う全権を持っている」と。

www.interfax.ru

 

記事を訳しながら思い出すことは、

どんな攻撃にも大義名分があること。

そして、その大義名分は、行動すべての説明にはならないということ。

思いを断ち切る

かぐや姫は、

月に戻る時に記憶をなくし、

帝は、

かぐや姫の形見を燃やした。

断ち切って、進む。

断ち切るから、進める。

私は、進みたい。